変形の貼函職人!?

c0111454_21194434.jpg

c0111454_21194418.jpg

c0111454_21194468.jpg

弊社でも丸い形状などの貼箱があると依頼している貼函製造会社が、能美市にある「みき紙器
貼函職人と呼ぶに相応しい代表の三木社長は、表に出ていない裏側の細部までに綺麗な物を作ろうとするこだわりを持った人である。
最近手掛けられた製品が真ん中と下の写真の箱で、JRからの依頼で作られた「只見線全線開通40周年記念フルセット入場券プレミアムボックス」なるもの。
タブレットキャリアを型取った形状らしく、今までの三木さんの技術を駆使して作られた変形貼箱

このようなプレミアムな製品にピッタリの貼箱が三木さんの製品であり、真骨頂である。

ハート型やピアノ、ギターといったカタチなど、箱そのものに夢を宿す三木さんの今後の新たな挑戦に期待しています!



北陸 石川県にある紙器・パッケージのデザイン・製造はイトウ紙工へ
[PR]
by awazanak520 | 2011-11-13 21:18 | パッケージのこと
<< 手提げ式のパッケージ HACO:ya @箱屋のギャラリー >>