靴の箱が無くなる!?@PUMA Clever Little Bag

c0111454_21285970.jpg

c0111454_21293776.jpg

ファッション性の高いスポーツグッズを販売しているPUMAが、「Clever Little Bag」という、使用する紙の量を65%削減したパッケージングを発表しました。

「Clever Little Bag」は、2015年までにPUMAの生産工場・倉庫・販売店・オフィスでのCO2排出量・消費電力・廃水量・廃棄物量を25%削減することを目標にかかげた長期的な環境への取り組みの一環として、スニーカー包装の省資源化を目指すプロジェクトにより生まれました。

ペットボトルをリサイクルしたポリエステル不織布のバッグは、労働力と資源を節約するため糸で縫わずに熱で接着され、購入後はこのバッグの状態で持ち歩くことにより、販売店でも紙袋・ビニール袋の使用を減らすことができる。

以下PUMAのHPより抜粋
「クレバーリトルバッグは、従来のシューズボックスに比べより少ない資材、より少量の原材料、そしてより少しの水資源とエネルギーで作られています。また、重量が軽くなったことで、輸送の際のエネルギーも削減することができます。年単位に換算すると、65%の紙資源の削減、2千万メガジュールの節電、100万リットルの燃料削減、100万リットルの水資源削減、そして1万トンの炭素排出量の削減となります。」

画期的かつグッドデザイン賞も受賞したデザイン性にも優れたパッケージは、靴業界に新たなパッケージの革命を起こすか!?


北陸 石川県にある紙器・パッケージのデザイン・製造はイトウ紙工へ
[PR]
by awazanak520 | 2012-01-29 21:24 | パッケージのこと
<< ホームページ新設に伴うblog... 世の中もパッケージも黒船!? >>