<   2011年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

鮨蒲本舗 河内屋の鮨蒲ギフト

c0111454_112107.jpg


お中元で頂いた「鮨蒲本舗 河内屋」さんの鮨蒲のギフトセットです。
富山県魚津に本社を構え、百貨店をはじめ直販をメインに販売展開されておりいち早くにIT化も進め、kamabokoのドメインを取得されています。
最近では、楽天EXPO2011で、新しく新設されたEXPO賞(地域特産品賞)を受賞されています。

富山は婚礼などでも大きな鯛の形をした蒲鉾が今でも引出物で付いており、昔からの特産品ですが河内屋さんはその蒲鉾にお寿司のアイディアを取り入れた“鮨蒲”を開発し一躍有名になりました。

私が河内屋さんのことを改めて知ったのは、知人の女性から口コミで教えて頂いた、“スティックチーズかまぼこ”です。

これは大人のお酒のつまみにピッタリの商品で、ハマリます!

高速道路のSAやPA、金沢では百番街やめいてつエムザにて買うことが出来ます。

ぜひ一度ご賞味下さい!


北陸 石川県にある紙器・パッケージのデザイン・製造はイトウ紙工へ
[PR]
by awazanak520 | 2011-07-24 11:10 | パッケージのこと

株式会社マシロ@金沢オフィスOPEN!

c0111454_2252129.jpg

c0111454_22525682.jpg

REBOORN(リ ボーン)をコンセプトにデザイン・プランニング会社の株式会社マシロさんが、7月15日に金沢市光ケ丘に事務所をopenしました。
以前ご紹介した金沢未来工芸プロジェクトなど様々な商品開発プロジェクトも展開しているマシロさんの新しいオフィスは、伝統工芸作家の商品を陳列したギャラリーを兼ねており、個性的で創造的な空間を演出しておられる。
最近のトピックは、石川県の伝統工芸に携わっている作家を広く公募し、様々な伝統工芸を駆使したスニーカーを製作するというプロジェクト「石川百工会」なるものを発信し、事務局となっている。
地元の新聞やTVなどでも取り上げられ、注目を集めている新たな展開に賛辞を送りたい。
石川県には全国的にみても数多くの伝統工芸があるが、どれもが現実には販売不振、後継者不足で存続が困難な状況に陥っている。
それを見かねたマシロ代表北野氏は、まさに伝統工芸の“リ ボーン”を自ら立ち上げて行動している。
今後のマシロさんの活躍に期待とエールをお送りします!


北陸 石川県にある紙器・パッケージのデザイン・製造はイトウ紙工へ
[PR]
by awazanak520 | 2011-07-17 22:42 | トレンド・見聞録のこと

ピナクル抜き型パッケージ

c0111454_2151093.jpg


c0111454_2151197.jpg


写真は試作品ですが、細かい柄部分を特殊抜き型(ピナクル抜き型)で製作して箱部分の抜き型と合わせて自動平盤打抜機で打ち抜くのが、弊社の技術です。

このようにピナクル抜き型との組み合わせ木型を用いることで、細かい精密な抜きが箱部分と同時に打ち抜く事が出来て、抜き加工のコストダウンと時間短縮が計られます。

型形状及び紙質・紙厚によっては、調整が必要ですので事前にデザイン時点でのご相談・ご確認をお願いいたします。


北陸 石川県にある紙器・パッケージのデザイン・製造はイトウ紙工へ
[PR]
by awazanak520 | 2011-07-10 20:16 | パッケージのこと

パズル・ド・ポアール@帝塚山ポアール

c0111454_22445547.jpg


c0111454_22445999.jpg


1969年創業の老舗洋菓子店の大阪@帝塚山ポアール
着実に多店舗展開をされて、現在6店にて様々な志向を凝らした商品展開などをされている
ザ・リッツ・カールトン・ホテルへ納入されるなどその実績にはいとまがない
そのポアール・オリジナルにしてドラマが描かれた商品が「パズル・ド・ポアール」
ご覧の通り3つに別れた箱が組み合わされて一つの絵になるという、ありそうでなかったパッケージ
その組み合わされた絵は、手書きのスケッチ・デザインで描かれたものをあえてモノクロのイメージで演出したもの
もしもポアールがヨーロッパにあったら・・・という仮想の店舗をイメージしたという
包装紙を開けて箱を開けると3つの組み合わされた箱は一つの絵として見立てるべく、回りを太めの黒い額縁に入れられており、丁寧なラッピングに商品そのもののこだわりを一層感じます

パッケージにストーリー性を乗せた、お洒落で遊び心溢れる商品です!


北陸 石川県にある紙器・パッケージのデザイン・製造はイトウ紙工へ
[PR]
by awazanak520 | 2011-07-03 22:43 | パッケージのこと